マタニティダイエットは体調と赤ちゃん優先が基本

Posted by jr2ntm | | 金曜日 9 6月 2017 12:36 PM

妊娠中の体重管理は通常のダイエットよりも慎重になるべきで、お腹にいる赤ちゃんを最優先にしなければならないし、自分の体調ともよく相談していくことが基本となります。
少し体重がオーバーしたなと思ったときはマタニティダイエットを取り入れることが良いですが、妊娠周期にも配慮した内容で取り組むことが望ましいといえます。

妊娠周期に適したマタニティダイエットとは?

妊娠周期が初期のうちは流産や早産の可能性が高いこともあり、マタニティダイエットと言ってもハードなものや栄養が偏るようなものは避けた方が良いことがあります。
妊娠初期のうちは、つわりや妊娠に対する体の変化で体重が大幅にオーバーするようなことは少ないと思いますが、もしもマタニティダイエットを取り入れるなら軽く体をストレッチしたり散歩をして便秘を解消できるような軽めのものが適しています。

中期から後期にかけてはマタニティビクスやマタニティヨガなどを取り入れながらも無理をしないで過ごすことがおすすめです。
安定期に入ってもまだまだ早産の可能性がありますし、あくまでも食べすぎないで軽く体を動かすという感じで進めることが良いでしょう。

妊娠周期に適したマタニティダイエットはこちら妊娠周期に合ったマタニティダイエットを参考にしてみてください。
またマタニティダイエットに取り入れたい運動についてはマタニティダイエットの運動をチェックしてみましょう。
楽しく進められる運動を紹介しています。

マタニティダイエット中の栄養って?

ゃんの成長に必要な栄養素と母体に必要な栄養素はしっかりと摂取しつつも、体重管理をしっかりしていきたいという少々難しい状態を管理していくことになります。
基本的にはダイエットやサプリは避けた方が無難なのですが、やはり赤ちゃんの成長に必要な栄養素はキープしていきたいジャンルです。

マタニティダイエット中も含めて摂取したい栄養素はマタニティダイエット中に摂りたい食品で紹介していますので必ずチェックしてください!

栄養素はもちろんのこと、カロリーを低く抑えられる調理法や食べ方についても工夫が必要なのが妊娠中です。
同じ食品でも調理法を変えるだけで栄養価がアップしたり、カロリーを抑えることができるので、この機会にしっかりと習得しておきましょう。
おすすめの調理法は蒸し料理がおすすめで当サイトでも紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Sorry, the comment form is closed at this time.