マタニティダイエットは妊娠周期に合うものを実践

Posted by jr2ntm | | 金曜日 9 6月 2017 5:02 PM

マタニティダイエットは赤ちゃんの成長や流産などのリスクを考えて行う必要があり、妊娠周期によって変えていくことが理想的です。
マタニティダイエットはどちらかというとサプリを使って置換えるようなことは控えて、体を動かすことで体重調整をする方が赤ちゃんにも母体にも安心できる内容です。

妊娠周期によるマタニティダイエット

妊娠初期は流産の可能性もあるので、激しい運動は避けて日常生活の中で意識的に歩くようにする程度のダイエットがおすすめです。
時間を決めたり距離を決めるようなことはあえてしないで、大体30分くらい散歩する程度のアバウトな状態にしておき、体調に変化があればすぐ帰宅できるようにしておき、日差しが強い時間や暑さや寒さが厳しい時間はさけるようにします。

妊娠中期はマタニティ専用のヨガやスイミングなどを利用すると良いでしょう。
妊娠中でも可能な範囲で行われることや、同じくらいの妊婦さんとの交流も期待できるので、ストレスの発散や不安の解消にも役立ちます。
妊娠後期になっても続けられるものもあるので、無理のない範囲で行うことが良いでしょう。

1人だと不安な方は?

初めての妊娠のときは誰でもさまざまな不安があるし、どこまでが良くてこれ以上は危険などの目安もわからないことも多いです。
そのためマタニティダイエットをするときは、1人で散歩やウォーキングをするのも良いのですが、付き添いやお友達と一緒、または人が必ずいるような場所を選ぶという方法も考えておくと良いです。

例えば、ショッピングセンターや子育てクラブ、妊婦さんが集うような行政のイベントなどを利用することがおすすめで、こうした場所には必ず誰かいますし、万一体調が急変したとしても救急車を呼んでもらえるなどの対応が期待できます。

ダイエットだけにこだわりすぎないことも大切なことなので、1人で不安なときは人のいる場所や付き添いを頼むなどして散歩に出かけることも考えておきましょう。

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Sorry, the comment form is closed at this time.